6月28日(土)〜29日(日)の2日間、東京・有明のTFTホールで『Tokyo Guitar Show 2008』が開かれた。これは、FenderとBossをメインスポンサーとして、山野楽器海外事業部が主催したギターショウ。ショウでは、代表的な17の楽器店が自慢の在庫を持ち寄っての展示即売も行われ、多くの人がお目当てのギターを手に入れていた。そして近年では、日本の楽器メーカー/輸入元なども多く参加するようになった。展示されていたモデルは、アメリカで行われた1月の『ウインターNAMM』で発表された製品も多く、いち早く実際に手に取って見ることができる貴重な機会とも言えるだろう。

今年は29日が雨天だったにもかかわらず、熱心なギターユーザー、約2,500名来場し、展示された新しいギターたちに熱い目線を送っていた。今回、そのショウの様子と展示されたギター達を動画で収録! 

○FENDER Custom Shop Yngwie Malmsteen Tribute Stratocaster
○FENDER Custom Shop Eric Clapton Crossroads Stratocaster & Crossroads '57 Twin-Amp
○ZEMAITIS S24 MT TT BLK
○1959年 GIBSON Les Paul Standard
○1961年 FENDER Stratocaster

といった注目のギターもぜひチェックしてみてほしい。

また、我々Playerも2008年7月号のハードウェア特集『とことん歪んでもらいます2008』の試奏会を開催。ここではメーカーのご協力を頂き、約180機種もの歪み系エフェクターを集め、来場者に試奏してもらった。(ご来場の方々には、感謝! 感謝!)

では当日来場した人も、来られなかった人も、『Player On-Line』の映像で、ギターショウの雰囲気を楽しんで欲しい。動画再生には、上のバナーをクリック!

※動画は2種類あります。バナーをクリックすると動画再生がスタートします。各動画の再生時間は約2分です。