• ウッドマン
  • Playerが販売するドローイング原画

次世代メタル・ギターとして復活したIBANEZ RGA

 アイバニーズRGのアーチドトップ・モデルであるRGAが、ボディ・シェイプをリファインして復活し、「RGA32」「RGA732」が新発売される。

RGA32_WK.jpg

RGA32

RGA732_WK.jpg

RGA732

 中低音域特性に優れたマホガニー・ボディは、外周形状はRGと同じだが、RGとは異なる弾きやすさを目指し、ボディ中心部は厚く端へ行くに従って薄くデザインされた3次元アーチド・トップ形状に仕上げられている。さらにハイ・ポジションの演奏がしやすいよう、ホーン(角)部分にクリスタル・カットを施している。また、ボディ・トップとサイド/バックはそれぞれ別のカラーで塗り分けてられている。
 
 メイプル・ネックは握りやすさを追求した薄いグリップの「Wizard III」シェイプを採用。 
 
 音の輪郭はそのままに、低音域とキレのよい高音域が特徴のオリジナル・ピックアップ「Quantum」を搭載。
 
 ノン・トレモロのフィクスド・ブリッジは、ボディ裏側から弦を通すストリング・スルー(弦裏通し)方式を採用。
 
 価格は、RGA32(6弦)が70,000円、RGA732(7弦)が80,000円(各税抜・ソフトケース付)。
 
問い合わせ:星野楽器販売株式会社
            

関連記事